FC2ブログ

木津川応援と嫌なおっさん

今日は近場で大会が開催されていたので、久しぶりに大会の雰囲気を感じに軽くジョギングがてら見学、応援に行って来ました。
大阪国際女子マラソンは除いて、市民大会の様子をこの目で見るのは2年ぶりでした。
京都木津川マラソンの見学、応援でした。
いろいろ昔馴染みのランナーの方々もいるかと期待して言ったのですが、数えるほどしか知り合いランナーさんはいませんでした。ちょっと残念でしたが、天気も良く風もそよ風みたいで(応援には)いい感じのコンディションでハーフの折り返し点あたりで1時間ぐらい(ハーフは90分前後から2時間越えるランナーまで、フルはトップから3時間30分ぐらいまでのランナーさんを)応援してました。
知り合いのランナーさんも頑張ってる様子で、声援を送れて良かったです。
・・・、が
この応援中にあった出来事ですが、ひとつ非常に気に食わない事がありました。
木津川コースは非常に狭く、ランナー集団があると通行に支障が出てしまいます。
私も折り返し点までの移動は土手の下を通って行きました。ランナーの邪魔になるから。
コースはサイクリングロードなので、当然自転車の人も通行します。
大会があるので自転車の通行を避けて欲しいような事を記した看板は出してるようなのですが、通行禁止なんですか?、どこからどこまで?、何時?とか、折り返し点あたりでは何人もの自転車の方々が大会のボランティアスタッフに問いかけていました。
大方の自転車の方々は、通行してはいけないのかな?どこまで続くの?など、まぁ常識的な聞き方で確認されて、迂回される方や、ゆっくり行くので!とか笑顔で言われたり、まぁ種目は違えどアスリート同士ですからそこは仕方ないか!と言った反応で去って行かれました。
大会運営側の手の至らなかった部分が大であろう事は間違いないとは思います。
そんなやりとりの合間に迂回路情報などを私知ってる限りで何人かの自転車の方々にしておりましたところ、しばらくしてむかつく親父がやってきました。
「出来れば通行を避けて欲しいところです。」と言ったスタッフに対して一言目が、「どこの許可を得て、通行禁止にしているのか答えろ」ってな感じ。
「通行禁止って訳ではないです。」と言えば行っていいんやな!と吐き捨て気味に、且つ「ぶつかっても責任はとらん、お前が行ってもいいと言ったからや」みたいな、セリフは違うがそんな口調。
いい年こいたおっさんが何言うてんねん!って感じ。自己中心的、常に高圧的、且つ責任は人任せ!
それに、一生懸命に走ってるランナーを見て、応援する気もないようなヤツにはアスリート顔はして欲しくない。
私は非常に短気なのでこのおっさんにケンカ腰で応対しました(途中でホンマにぶん殴ってやりたくなった)。でも、ケンカ腰だったのはあくまでも相手が先ですよ。ただ周りの皆さんには迷惑をかけてしまい、申し訳なかったです。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

だいじゅ

  • Author:だいじゅ
  • 京都府宇治市在住、だいじゅです。
    2002年1月6日から走り始め走暦10年。
    ここ3年ろくに走れてませんでしたが、2010年12月から少しずつ走りだしました。
    まずはフルマラソン完走サブ4を目指して頑張るぞ~。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク