FC2ブログ

サピネーション

自分のフォームはどんなかな~?
良いときは無駄のない足運びで上下動も少ないってな評価を頂いたりしてるんだが、実際のところ自分ではよくわからない。
けっして綺麗なフォームではない事はわかるけど。
ただ幸い相方とjogとかしてる時にちょっと見てもらえるのは助かってる。
同じ練習コースで時々見かける某K氏の走り、jogの時だがサスガに絶好調の人の走りはのびやかで体重移動もスムースで羨ましく眺めていたりする。
同じ走り方は多分骨格や筋力、柔軟性などの違いもあり出来ないのであまり参考にはならんのだが、腰の入れ方は見習いたい。

全体のフォームも気になるが、最近一番気になってるのは着地から蹴り出しの荷重移動。
ボク自身の理想は一応フラット着地。そこからすばやく前足部に荷重移動し無駄なく蹴りだす。蹴り出しはつま先も使いたい。
現状は踵外側で着地し、足裏外側を荷重してそのまま中指から小指を主に使い蹴り出している。
右足はほぼフラットに抜けているのだが、左足が内々に入り込むような感じ。いわゆるサピネーション。
この影響で左足の外側にかなり負担がかかっている。これは着地時のショック吸収においてもアーチを利用出来ていないため着地衝撃は大きくなる。
マラソン後半に左足の特に足首付近がパンパンになる事も原因はここにあると思う。


少し前からオーバープロネーションの強いシューズはマズイとは思っていた。GT2120NEWYORKなどはその傾向がかなり強く感じていた。
本来初心者向けのjogシューズであるNEWYORKであるのに、その後履いていたIDATENよりも足にかかる負担が大きく感じたのも同様の原因だろう。
更に、ここ最近はIDATENでも同じ様な感触になってきていた。

整体で矯正を繰り返すものの、なかなか状況が改善しないのはシューズの影響が大きいと思うようになった。
他にプロネーション対策のないシューズはレース用のソーティマジック、GL-X2、ジェネレーサーがあったが、ソーティなどは練習には使えないのでジェネレーサーになるのだが、ジェネレーサーはどうも足に合わなくて好きになれなかった。
ちょっと使い古し気味だったが、以前大好きだったスカイセンサーを試してみたところ、だいぶマシな感触が掴めた。
サピネーション傾向は出るものの他に比べれば相当イメージに近い走りが出来る事はわかった。
ただヘタリも来てるので暫定使用になるだろう。シューズショップでいいのを探さないとイカン状況だが、見つかるかな~?

それともう一つ既に対策した事がある。仕事で履いてるシューズをペタッとした安物に変更した事。
仕事で普段履いているシューズはジョギングシューズのお古を使っていた。
今まで履いていたのがGT2100、こいつはGT2120の2代前のなんですがやっぱプロネーション対策がある。
更にヘタリも来ている分余計に外側が落ちこんでる感触でした。
会社から支給されてるシューズは昔よく見た学校のシューズみたいなもんで決して足に優しい感じはないのだが、このまま同じシューズを使うより良いだろうと判断しました。

サピネーションに対する対策もしないとイカンのだが、これはよくわからない。
個人的な見解では内転筋などの腿の内側の筋肉の補強が必要な気がしている。
今の状況は元々弱い内側の筋肉に対して比較的強かった外側の筋肉をより強化して対応してきた結果なんではないだろうか?
以前スクワットを日常的に実施していた時に腿の内側も同時に鍛えられたような感覚があった。その時はとてもいい感じで蹴り出せていたように覚えている。
ここらへん、もう少し研究して対策を考えて行こうと思います。








スポンサーサイト



シーズンペース配分

今季もフルのシーズンはまもなく終了です。
昨季はいい感じで終えたのだが、今季は不満の残る終わりになった。
今になって思えば、淀川、福岡、少しおまけして加古川はまだ良い状態で走れていたんだなぁ~とえらい懐かしく感じてしまう。
シーズン前半が良くて、後半ガタガタってのはボクの場合結構多い気がする。
前半の貯金を後半食い潰す、最近のフルの展開そのままか。レースで言うなら後半大失速パターン。前半、香住、福井は快調に中盤淀川、福岡までは保ったものの25km付近の加古川で疲労が出始め、30kmのひらはーで大失速、勝負の35km別大で立ち止まり、ゴールの篠山にはジョグで…、とまぁこんな感じですかね。
悪い時でも何とか纏める走りをシーズンにも当てはめて行こうと言うのが来季に向けての目標かな。
こんな事を毎年繰り返してる。目標ばかり高くしてもアカン。淡々と継続する事が大事なんだと、謙虚さを持って来季に向かいたい。

2月6日の練習

昨日のラン。
いつもと一緒で2kmをイージーjogの後、そのまま5kmPR(km4分20秒)
まだ左足の方の不調は変わってないが、篠山でサブ3をするためにはある程度のペースでの走りは入れないとイカンって事で、まずはkm4分20秒から。
しかし・・・ここ最近オフが多かった事もあって一人でkm4分20秒は結構しんどかった。心肺の余裕度も多くない。体感的には若干きつい・・・かな?ってぐらい。
足の方はつい右足に頼りすぎてる感じがしたので、途中から右手の腕振りを止めて左手のみ腕振りをし左足の動きを意識して走った。これでいいのかは知らんけど、自分の感覚としては後半は左足を使えていたと思う。
そのためか?今は左足ふくらはぎの外側にハリが出ている。
左足が右足に比べて筋力が弱いのかもしれない、フォームが悪い?
まだ故障中なんで定かではないけど、距離やスピードを求められない状況なんでいろいろ試していこうと思います。
また、体幹トレーニング、スクワットなど補強練習をこの時期に習慣にしようと目論んでいます。ケアも忘れちゃならんな!

篠山マラソンへ向けて

昨日は整形外科へ診察にようやく行ってきました。
予想はしていたが骨は正常。福岡国際マラソン後半に左足踵をあまり付かない走りをした影響によるアキレス腱と踵の付け根の部分の炎症だろうとの診断でした。
大したことないよ~ってな先生の言葉で安心しました。ま、実際走れるし予想はしてました。

来月は篠山マラソンがあります。
今季は別大の未出走以外は一応全レースサブ3はしてるんで、篠山ではなんとかサブ3をしてシーズンを締めくくりたいです。

別大

第57回別府大分毎日マラソンが開催された。
エントリーNo.299、ボクは未出走でした。
足の不調と練習不足から。
大会には応援と刺激を貰いに行ってきた、同行は金ちゃん、ユニオンさん。
二人は初の別大。狙いは45分切り。

レースコンディションは晴れ曇りの気温9℃ぐらい。風は往路が弱い向かい風、復路が追い風で好条件。
正直こんないい条件で走れないのは残念でした。

応援はスタートの競技場、海岸線であまり応援の多くない別大国道16km地点、32km~33km地点、33km~37kmの海岸線を並走応援(ペースが速いんでほとんど声はでず)。
ユニオンさん、金ちゃんともに33kmまで帰って来た時も、まだまだ元気そうでした。
ボクが昨年ここで出した2時間41分22秒は破られそうやな~と思った。悔しさもある。

結果は金ちゃんが2時間41分9秒、ユニオンさんが2時間41分28秒のそれぞれ大幅記録更新を達成された。

晴れやかな表情の二人を祝福し労った。
金ちゃんは同じチーム、フルではまだ負けないと思っていたが…。祝福の気持ちに偽りはないし、凄く強くなったなと素直に評価している。でも目の前で記録を破られたのはやはり悔しいもんですね。
ユニオンさんは同学年のライバル。益々負けられないという気持ちになった。

ボクの応援や助言が役にたったかはわからないが、刺激を貰いに行った目的は充分達成出来ました。
やっぱり行って良かったです。
金ちゃん、ユニオンさん、おめでとうございました。日々の練習の賜物です。
良い刺激をありがとうございました。
プロフィール

だいじゅ

  • Author:だいじゅ
  • 京都府宇治市在住、だいじゅです。
    2002年1月6日から走り始め走暦10年。
    ここ3年ろくに走れてませんでしたが、2010年12月から少しずつ走りだしました。
    まずはフルマラソン完走サブ4を目指して頑張るぞ~。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク