FC2ブログ

加古川マラソン

昨日は加古川マラソンに参加して来ました。
結果、2時間53分13秒。
手元時計のラップは
19'41-20'16-21'20-20'06-20'28-21'09-20'38-20'46-8'49

加古川コースは初めて走りましたが、フラットコースで基本は走りやすかったです。
ただ、路面が荒れてる部分もありこういったのがボクはちょっと苦手でした。

今回は19分ペースでという計画もあったが、1kmを3分53秒で通過した時点でこりゃ無理!って思いました。3分53秒でそのまま行けるか???って感じで5km通過。
3分55秒ぐらいの走りだと幾分キツイ感じだったので更に落としてkm4へ変更。でも10km通過ぐらいで既に疲れが出てきた。
この時点でサブスリーペース(4分10秒ぐらい)でペーラン感覚の練習にしようと決めた。

15km通過ではちょっと遅すぎたので次の区間は速い一般ランナーにくっ付き一時的にペースを上げてから再びペースを4分10秒ぐらいにあわせた。

今回は途中エイドであんぱんを3個食べた。美味しかった。

35km区間からは向かい風だった。
ここまでは左足の不調部分が気になって無理はしないで来たが、残りも7km程度となり多少無理しても我慢は効くと判断しスパートを開始した。
ラスト2.195kmは今季フル初の9分切りで締めくくれました。

手を抜いていた訳ではなく、体調、足の不調など組み合わさって今回はこんな走りしか出来ませんでした。でもいい練習にはなったと思います。

その夜は@ぼーねん会。大いに飲んで話して楽しみました。
スポンサーサイト



加古川、別大へ

今年も気がつけばあと10日、早いもんですね。12月初めの福岡国際マラソンからもうすぐ3週間になります。
来年は2度目の別府大分毎日マラソンが控えていますが、まずは今年最後のレース、加古川マラソン(フル)が近づいてきました。

福岡国際マラソン、イマイチな状態で無理して走ったのでしょうか、レース後から左足首、アキレス腱、ふくらはぎへと痛みが出ていました。1週目は歩いてても痛い状態、2週目は7,8kmぐらい走ると痛くなりという状態でした。
今週に入りjog中の痛みは感じなくなってきましたが、左足の接地感に違和感があり、4分30秒程度なら気にならないものの、スピードをより上げたり、コーナーではどうも頼りない感触。
なかなか気持ちよくペースアップとはいかないです。
身体全般の疲れは抜けきったと思うのですが、この局所的疲労はまだ抜けきってないようです。

加古川は勝負レースではないので無理はする気がないんですが、それでも福岡前のような腑抜けた気持ちはなく、足と相談しながらしっかりとした調整レースにするつもりです。

スタート前で違和感なく走れそうなら、5km19分以内で35km走をしたい気持ちがあります(出来るかは別)
今のとことりあえずフルマラソンでの最終的なタイムを狙う走りにはならないんじゃないかな~・・・どうかな~??って感じ。

別大では5km18分35秒前後で30kmまで(今5kmラップを計算してみて改めて厳しいなぁ~と再認識したんだが、旧関門通過とか考えるとこうなってくる)走る計画。
加古川では本当はこれのリハーサルがやりたいとこなんですが、フィジカルコンディションを考え合わせると今の段階ではどう転んでも無理・・・と言うか、レース直前でもどうなんだろ?ってぐらいハードルが高い。下方修正も考えに入れないといけなくなるかもしれません。

残り1ヶ月半ほどですが、まずは体重を想定ベストウェイトの60-61kgまで持っていく事が最優先だと思っている。初秋の頃の状態にすればきっと走れないラップではないと確信しています。残り3kg弱、1月の中頃の枚方ハーフあたりまでに減量する予定。
現在63.○kg-13.○%、7月中頃~8月後半に64.○kg-15%から60.○kg-11.○%へ持っていけた実績はあるのでなんとかなるだろうと考えています。
日々の節制を心がけて頑張ります。とにかく最後まで諦めない事が大事だと思ってます。

何より故障して走れなくなってはすべて水の泡、そこらへんは加減を大事に練習、レースに取り組もう。

福岡国際を終えて

タイムは2時間43分57秒。
シーズン当初の目標タイムは2時間40分カット、当初目標には全く届かなかった。

今シーズン緒戦は香住10k。30℃近い高温でのレースで36分フラット。目標は35分30秒ぐらいだった。
2戦目は福井ハーフ。タイムは1時間17分13秒。目標タイムは1時間15分台。この大会も25℃前後だったので目標タイムに届かなかった事にはそれほど悲観していなかった。逆に手ごたえは得られたので秋シーズンへの展望は開けていた。

10月中旬に風邪を引く。この風邪でオフ日が増えた。熱発は収まったがその後も身体がシャッキリしなかった。10月はkm4でのLongPRをこなす予定でしたが、体調を勘案し4分30秒ペースにとどまった。
また、風邪の後遺症かとにかくズルズルと引きずり風邪がほぼ完治出来たと実感出来たのは10月も末になってからでした。その間もオフ日多くなった。

10月末、ユリカモメでフルを走ったが、サブ3が精一杯、練習不足の感は否めなかった。
11月初めに淀川でフル、2時間47分台。後半35km以降がまだ走れない。
上記フル2レース、シーズン当初の予定では、ユリカモメではkm4基本で2時間50分前後、淀川では福岡へ向けてのリハーサルで2時間45分切り(昨年の防府2時間43分台)でした。
レースに臨む時点で、シーズン当初の目標が無理な事はわかっていた。
体重増えていたからです。
7月初旬は64kg-15%
8月初旬は62kg-14%
9月初旬は60kg-11%
10月初旬は60kg-11%
11月初旬は62kg-12%
淀川が終わり、福岡へあと一ヶ月。増え気味の体重が気になりレースへ向けてのモチベーションが上がらない。
悪い事に仕事も忙しくなり、オフ日がまた増える。
福知山10kでは36分30秒。高温の香住より30秒も遅いタイム。体重も63kg台-13%も見慣れてきた。
福岡1週間前、このままではイカンとjogだけでもと頑張る。隔日での練習が普通な状態から連日の練習は身体に負担がある。なんてこった!
3日前、刺激走。100m×4全力。ほとんどヤケクソ。
モチベーションの低下、コンディションに満足できない、自業自得、大レースを前に何も出来なかった自分に益々自信を失っていく。普段から決して冷静ではないけど、この時は明らかに冷静さを欠いていた。

前日に福岡入り。新幹線の中でもレースへ向けての高揚感はなかった。あきらめのような感情。刺激入れ?は完全に失敗。とにかく足がだるい。普段なら階段とエスカレーターがあれば階段を使うのですが、この時は遠回りしてもエスカレーターを探すといった始末。とても明日フルマラソンを走る状態とは思えない。

しかし、下見バスでコースを見たり、平和台競技場のゲートアーチを見、受付でナンバーカードを受け取りとする内に、完走したいという思いは強くなっていった。

その夜はセルフマッサージ、温冷交代浴、ルームサービスのマッサージ、とにかく出来る限り回復させようと悪あがきをしてました。

明けてレース当日。昨日に比較すればマシにはなったと思うが、ハムストの芯にハリ、大腿四頭筋にも疲労感。歩く分にはさほど気にはならないが・・・。

アップもkm6を超えるぐらいでゆっくりと感触を確かめながらjog。2kmだけだったが、着地の際にやっぱり太もも前面は気になるし、ハムストのハリで流しも入れられない。
5kmで関門アウト。知り合いのランナーさんとの談笑中も話していたが、冗談ではなく本心でそう思っていた。でも完走したい気持ちだけは強くなっていた。

完走を果たすことが出来、本当に嬉しかった。後半特に37km以降がもの凄く苦しかったけど完走する事が出来てすべてOKと思えた。レース中の自分はよく頑張ったと思います。あの日出来る最高の走りだったと思います。

完走の嬉しさで忘れそうになるけど、今回は関門アウトの可能性の方がずっと高かった。
福岡国際のような大レースのフルマラソンを走るコンディションではなかった。
反省の一つは根幹は自身の怠け心を抑え切れなかった事。もう一つは不調を理由に自暴自棄気味な調整に走った事。
過ぎた事をいつまでも気にしていく気はないが、心の底には残しとこう。

改めてもう一度レースに向けてしっかりと目標を持って、しっかり練習に取り組んで行こう!そう思った。・・・・忘れるかもだが。

福岡国際マラソン

福岡国際マラソン走ってきました。
結果は2時間43分57秒で完走しました。
ラップは
18'53 18'57 18'56 19'01 18'44 19'05 19'27 20'56 9'58
ハーフ前半1時間19分56秒 ハーフ後半1時間24分01秒 でした。

続きを読む

プロフィール

だいじゅ

  • Author:だいじゅ
  • 京都府宇治市在住、だいじゅです。
    2002年1月6日から走り始め走暦10年。
    ここ3年ろくに走れてませんでしたが、2010年12月から少しずつ走りだしました。
    まずはフルマラソン完走サブ4を目指して頑張るぞ~。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク